確定申告期の営業日のお知らせ


本年も確定申告の時期となりました。


寺尾会計事務所では、2月8日から3月7日まで土曜日も営業いたします。


毎週日曜日と
2月11日、2月24日の祝祭日はお休みを頂戴いたします。


精一杯申告のお手伝いをさせていただきますので
よろしくお願いいたします。





寺尾会計事務所のメインHPはこちら
http://www.teraokaiei.com



経営者インタビューに行ってきました


会計事務所は、様々な業種や業績にある会社さんをサポートしています。
その中で、
他の会社さんの動向や手法が参考になるというお話をよく耳にします。

ならば、事務所でご支援する経営者さんの事業にかける思いや取組み
ご紹介したい。
あわせて、みなさまが活動していく中で、
寺尾会計がどのようにお手伝いできているかを確認したい。


そんな思いから、先日、顧問先である経営者さん4名に
ご自身の事業や今後の展望について取材をしてきました。

   
     ******************


取材者は、普段、相続・株価評価といった資産税を担当する所員。
会社を訪問するのも、経営者さんとの面談も初めてでしたが、
皆様あたたかなご対応で、真摯にお答えくださいました。
この場を借りて改めて、御礼申し上げます。
貴重なお時間を頂戴しありがとうございました


4社とも業種も事業に対するお考えも異なりますが、
会社にかける熱意と愛情、信念を感じました。


     ******************


取材内容は今年の春頃に寺尾会計のホームページ上で掲載します。
掲載の折にはまたご報告いたしますので、ぜひご覧ください。


また、今後もお客様を取材させていただきたいと考えておりますので、
取材を受けていただける場合には、ぜひご協力のほどお願いいたします。





↓ インタビュー中に、店内を飛び回っていたインコが、休む場所として選ばれた職員O
落合さんとインコ2.jpg

寺尾会計のメインHPはこちら
http://teraokaikei.com


特定生産緑地の指定申請



生産緑地をお持ちの農家さん、
特定生産緑地の指定を受けるかどうか、決められましたか。


       ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


現在の生産緑地のほとんどは令和4年に指定後30年を迎えます。
つまり、生産緑地指定を解除することができるようになります。


指定後30年を経過すると、固定資産税は
生産緑地であっても一般の農地と同等に課されることになります。
(指定後35年までは軽減経過措置あり)


指定後30年以降もそれまでのように固定資産税の軽減を受けるためには
特定生産緑地の指定を受ける必要があります。


特定生産緑地は、指定後30年を経過した生産緑地について
10年間引き続き耕作を継続することを条件に
固定資産税の軽減が受けられる制度です。


       ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


名古屋市緑区に生産緑地をお持ちの農家さんには
1月17日頃、特定生産緑地に関する封書が発送されます。


名古屋市の場合、第1回目の申請は
令和2年1月27日~4月10日の予定
です。
(来年、再来年も同じ時期に申請ができます)


第1回目の申請で特定生産緑地として指定されても、
令和4年までであれば、申請を取消して、
一般生産緑地として保存したり、生産緑地解除することも可能です。


また、第1回目の申請をしたけれども、
 耕作状況などから特定生産緑地として認められなくても、
指摘された部分を改善した上で
第2回、第3回の申請期間に再度申請することが可能です。


しかし、令和4年に申請をし、特定生産緑地として認められないと、
その後、再度申請することができません。


       ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


令和4年の特定生産緑地開始までまだ年数はありますが、
すでに特定生産緑地指定を受けるご意向のある方は
早めに申請されてはいかがでしょうか。




参考HP:名古屋市 生産緑地地区
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/15-2-8-0-0-0-0-0-0-0.html