命名。逆さま報連相


報連相』は、組織の下部から上部へ働きかける際の心得で
社会人として身につけておきたい習慣です。


いまさらですが、『報連相』とは
  ・報告業務の進捗や結果を伝える
  ・連絡情報を伝える
  ・相談 → 考えや認識を共有する    を言います。


*******************************



組織の上部から下部へ働きかける際の心得としては
逆さま報連相』が有効であると考えます。

例えば、上司が部下の遅刻を注意する場合を考えてみましょう。

相談 → 部下の認識(なぜ遅刻してしまうのか、どうしたら時間に間に合うか)
上司の認識(遅刻がチームにとって良くない)について
上司と部下が共有します。

連絡 → 遅刻をやめるように伝えます。

報告 → 部下の遅刻の回数や状況についてフィードバックをします。
改善しているなら褒め、
結果に満足がいかないのであればその旨を伝えます。


*******************************



注意をしようと思うと『連絡』部分で終わってしまうことがあります。


しかし、リーダーがメンバーに苦言を呈する際には
メンバー同士が理解し合い、組織を円滑に運営するためにも
『逆さま報連相』のいずれも欠かせない過程ではないでしょうか。




寺尾会計のメインHPはこちら
http://www.teraokaikei.com



この記事へのコメント