やる気がなくても仕事を始める


なにかというと仕事を始めるのが遅れ、
納期ぎりぎりに仕事が終わる方はいらっしゃいませんか。

「今日はやる気が出ないから、明日にしよう。期限にはまだ間に合う」
と思うと仕事の着手が遅れ、結局、納期直前になってしまうものです。



やる気は待っていても出てきません

行動し体を動かすことで与えられる脳への刺激がやる気を引き出します。

部屋の掃除をするときに、
始めるまではおっくうだったのに、始めると次々やりたくなったことはありませんか。

「やりたくない」「面倒くさい」「後でいい」などと考えずにとりあえず行動する
すると、後の行動が続いてくるものです。


    *******************


「そうはいっても、その最初の行動を取るのが難しい。」
そう思われる方は、行動の前に小さな目標をつくってください。

最後まで仕上げなくてもいいから、5分だけ資料作成に取り組む。
最後まで仕上げなくてもいいから、引出し1つだけ片付ける。

その目標だけ達成したらやめてもいい
そう思うと行動に移りやすいものです。


    *******************


また、繰り返しの作業であれば「パブロフの犬」形式も有効です。

朝、スーツに手を通したとたん、または仕事場に入ったとたんに
仕事モードに切り替わる方も多いのではないでしょうか。

同じ作業をする前に、毎回同じ行動をすることで作業スイッチが入ります。


例えば、目が覚めて同じ音楽を1曲聞き終わったら布団から出る。
それを続けていくと「あと5分・・・」と考えずに体を起こせるようになります。

習慣化することで、やる気を感じなくても自然に行動に移せるようになるわけです。


    *******************


仕事を始めるのにやる気はいりません。
まずは今できる仕事に着手しましょう。



寺尾会計のメインHPはこちら
http://www.teraokaikei.com

この記事へのコメント