リーダーが心すべきこと


先日、元アップルジャパン社長 山元賢治氏の講演会に参加しました。

リーダーの心構えについて108の覚悟の中からいくつかお話されました。


瞬断
 社長は素早い判断を求められます。
 勇気ある意思決定と豊富な情報量が素早い判断につながります。


一番 知っている人
 豊富な情報量をもっている人とはつまり、知っている人です。
 リーダーは一番知っている人であるべきです。
「一番知っている人」は一番 勉強する人でもあります。


何がほしいか
 自分にとって達成感があるもの、一つの大きな目標に情熱を注ぐ。
 何がやりたいかわからずに3割もの25歳が退職してしまう日本で
 真剣に考えるべき問題です。


何をやらないか
 何かを成し遂げたいなら、何かを犠牲にしてあたりまえです。
 なにがいらないか、よりシンプルにという引き算の思考を持つ。


体力
 これが一番大切かもしれません。
 心に体がついていかなければ、なにも成し遂げられません。


同じことを繰り返す
 何度も同じことを言うのが社長の仕事です。
 一度で芯まで理解してもらえることはありません。


変化
 安定は心地の良いものです。
 仕事が心地よくなったら、変化していない証拠です。
 そして、ダーウィンの進化論もいうように、変化しなくなったら滅びます。



信念のある方のお話を伺うのはよい刺激になるものです。

ccc0de1f757efa093693cc9b5b155f1d-550x366-thumbnail2[1].jpg

寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com


この記事へのコメント