自社の付加価値を数字で確認してみよう

企業は、企業が新たに生み出した付加価値を材料・製品に加えて、
製品や商品を市場に売り出しますプレゼント
この付加価値があるからこそ、お客様は他の類似品でなく、
その企業の製品等を購入するわけです。

この見えない「付加価値」を数値で図る考え方が「生産性」です。


= 考 え 方 =
売上原価と販管費に付加価値の値段を加えることで、売値になる
売上原価+販売管理費+付加価値の値段=売値、と捉えると、

付加価値=(売上ー売上原価)ー販管費となります。

つまり、利益や労働者への分配(給与等)は、
付加価値によって生み出されるという前提に立った考え方です。


= 計 算 式 =

中小企業庁は、以下のように付加価値を計算しています。
付加価値=営業利益+給与・賞与+賃貸料

営業利益は、付加価値の稼ぎ出した儲けのうちの会社への分配
給与・賞与は、付加価値の稼ぎ出した儲けのうちの労働者への分配
賃貸料は、付加価値の稼ぎ出した儲けのうちの地主への分配
と考えることができます。

(他企業間比較をする際には、上記に減価償却費を加えて、「粗付加価値」で比較します。
減価償却は企業によって、償却方法に違いがあるため、付加価値に加えることで比較を可能にします。)


高付加価値を目指す企業は、売上総利益や営業利益でなく、
この値を増加させることを目指してみましょう。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック