ご利用は計画的に。

お仕事を任せる時は、どうなったら完成か、頼む相手に伝える方がBetterです。
というのは、こんなお話をご存知でしょうか?


  軍隊の行進練習で、心理学者が実験しましたモータースポーツ

足あるグループには、目的地を伝えずに、ひたすら1日歩かせました足
位置情報あるグループには、目的地を伝えて、ひたすら1日歩かせました位置情報
足あるグループには、目的地を伝えて、1時間ごとに今どの地点にいるか、あとどのくらい距離があるのか伝えながら、1日歩かせました足
位置情報あるグループには、目的地より近い場所を目的地として伝え半日歩かせ、嘘の目的地に着いた後、本当の目的地を伝え、さらに半日歩かせました位置情報

  exclamation&questionさて、兵隊さんのストレスがもっともたまったグループは
                    どこだったでしょうかexclamation&question



どんっ(衝撃)答えはどんっ(衝撃)
4番目のグループです。
気持ち的にわかりますよねもうやだ〜(悲しい顔)
一日、自分のやらなければならないことを終わらせて、さて帰るか、の段になって、上司から仕事を追加される。。。ストレスですバッド(下向き矢印)


ちなみに、一番ストレスの少なかったグループは3つ目のグループ。
兵隊さんが自分であとこれだけ、と把握できるのがストレス減少につながっているようですわーい(嬉しい顔)
新人には、仕事の全体像を伝え、各工程や作業量を示した後に仕事をさせると、ストレス減少につながりそうです猫


仕事の大小に関わりなく、計画になかったものが最終的に追加させるというのは、やる気喪失につながります。
やる気喪失は、粗い仕事につながります。
粗い仕事は、お客様の信頼低下につながります。


どうぞ、職員のご利用は計画的に~ひらめき
by 今日もがんばるトモヤンクン




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック