年末のご挨拶


早いもので、
今年も年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

今年は、数年来計画してきた寺尾会計の税理士法人化・
事業承継を実現することができました。


孟子の教えに
「天の時は地の利にしかず、地の利は人の和にしかず」
という言葉があります。

戦いを左右する最大の要素は人の和であり、
人の和が堅固であれば、どんな不利な状況であっても勝つ
ことができるというものです。


お蔭様で先代亡きあと、
職員誰一人としてリタイヤする者なく
この変革を乗り越えることが出来たのは、
職員同士の一体感があったからこそと感謝する次第です。


今後は、更に皆さまのお役に立てるよう、
チームワークを生かしてチャレンジしていく所存ですので、
相変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



なお、当事務所の年末年始の休業期間は下記 の通りです。

〔年末年始休業期間〕 12月29日(金)~1月4日(木)


新年は1月5日(金)9:00より営業開始となります。

休業中はFAX、メールをお送りくだされば、
新年すぐに対応させていただきます。


時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれもお身体にはご自愛いただき、良い年をお迎えください。



寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com



ローカルベンチマーク(企業分析ツール)のご紹介

2016年3月に経済産業省から公表された
ローカルベンチマークは、すでに活用されていますか?

スローガン『企業の健康診断ツール』の通り
ローカルベンチマーク(通称ロカベン)
地域企業(ローカル)の評価手法・評価指標(ベンチマーク)です。


地域企業の経営者等と金融機関・支援機関等が
より深い対話を通じて、
現状や課題を理解することが期待されています。

これにより、
企業には「気づき」による経営改善に向けた取り組みを促し
金融機関には担保に頼らない事業性評価による融資
再編・廃業支援、事業継続支援を促します。


ローカルベンチマークには
大きく分けて「財務情報」「非財務情報」という2つの
項目があります。

財務情報」は
用意されたExcelシートに財務情報を入力すると
6つの指標を業種平均及び自社3期分を
簡単に視覚的に比較することができます。

非財務情報」は
「経営者/事業/外部環境、関係者/内部管理体制」の
4つの着目点について大まかに把握することで、
企業やプロセスの強みや課題、過去からの変容に
気づくきっかけになります。


アンケート調査では、4割の金融機関等が
ローカルベンチマークをそのまま活用(を検討)している
という結果が出ました。

ですから、
他の手法・指標で自社経営を分析されている方にも
金融機関とのスムーズな相互理解のために役立つツールであると言えそうです。

新年の全社あいさつの際に抱負を語るのにも
役立つことと思います。

一度ロカベンで自社を再確認してみませんか。


参照HP:経済産業省 ローカルベンチマーク(通称:ロカベン)
http://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/




寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com


本店と支店・店舗の関係性


「本店は口うるさい。」
「店の事情がわかっていない」

支店・店舗から本店に対するこんな評判を耳にすることが
あります。

これは「本店は店に対して指示を出す側」
「店は指示を受ける側」といった
固定的な見方から生まれてくるように思います。

本店と店の関係は「管理する側/される側」ではなく
前戦部隊/バックアップ部隊」です。


業績の良い会社は、
店舗のオペレーションがしっかりしているものです。

オペレーションとは、
現場にて目標を実現するための仕組みや手順をいいます。


本社は威張る・命令する立場ではありません。

その支援によって
店が商品・サービスを売り、利益を上げられるようにする

そういった「店の役に立つ」立場であると心すれば
本店への悪しき評判がなくなるとともに、
業績の改善にもつながるのではないでしょうか。



寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com