平成28年度税制改正:三世代同居リフォーム

平成28年度の税制改正が成立しましたので、ご紹介します。

今回は所得税で新設された
三世代同居に対応した住宅リフォームに係る特例』です。


illust1635_thumb.gif



自己の有する家屋に三世代同居対応改修工事を行った場合、
次のいずれかの特例を適用できるという特例です。


①ローン控除の特例  
三世代同居対応改修工事を含む増改築工事に係る住宅ローン
(償還期間5年以上)の年末残高 1,000万円以下の部分について、
一定割合を乗じた額を5年間の各年において所得税額から控除




②税額控除の特例  

三世代同居対応改修工事の標準的な費用の額の10%相当額
(限度額:25万円)を、その年分の所得税額から控除





居住要件】H28.4.1~H31.6.30の間に居住の用に供する

対象工事】1:キッチン 2:浴室 3:トイレ 4:玄関

対象工事要件
  ①上記1から4までのいずれかを増設すること。
  ②改修後、上記1から4までのうち、いずれか2つ以上が複数となること
 ③対象工事の費用が50万円超であること。




<
illust1635_thumb.gif



これまで、省エネ・バリアフリーの工事に認められていた、
特定増改築等の住宅ローン控除/税額控除制度に、
三世代同居改修が加わった形です。





なお、贈与税の特例で、
住宅増改築等の資金贈与について、一定額まで非課税という制度があります。

こちらについては三世代同居改修は要件に加えられていませんので
その改修が大規模の修繕・模様替と認められれば適用可能
ということになります。





建設会社も税制をよく勉強されていますが、
持ち家を取得・修繕・改修する際には、税制にも気を配りましょう。



参考HP:財務省 平成28年度 税制改正
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei16.htm

財務省 住宅ローン減税制度の概要(住宅取得に関する税情報)
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/063.htm



寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com

平成28年度税制改正:相続した空家の特別控除3,000万円

平成28年度の税制改正が成立しましたので、ご紹介していきます。

まずは
所得税で新設された『空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例』です。

簡単に説明すると、以下のような特例です。

相続開始の直前において被相続人が一人暮らしだった場合、
その家屋およびその土地を譲渡した際に
譲渡所得の3,000万円特別控除を受けられます。


適用条件は以下の通りです。

・相続した個人が譲渡した場合に限る

・家屋は昭和56年5月31日以前に建築されたもの
・区分所有建築物は除く(分譲住宅や一定の場合の二世帯住宅など)

相続開始日以後3年を経過する日が属する年の12月31日までに譲渡
(例:平成25年1月に相続が開始した方は、
  平成28年内に譲渡すれば適用可)

・譲渡の対価の額が1億円以下


・家屋は譲渡する時に耐震基準に適合させるor取壊して譲渡する
・家屋・土地ともに、相続以降、事業・貸付・居住用に供されていない
相続日以降ずっと空家・空地である)




3,000万円の控除ができれば、
所得税・住民税合わせて600万円ほどの節税になります。
家屋の耐震工事or取壊し費用・土地の売買費用に充てられるくらい
ですね。



昨年から空家対策法が施行され、
ボロボロな空家に係る土地については
固定資産税の住宅用地特例が受けられなくなりました。


家屋をリフォームして貸出す、更地にして駐車場にするなど、
居住用財産の活用にはいろいろな方法があります。

今回の特例も頭にいれて検討していきましょう。


国土交通省HP 背策の背景・税制改正
http://www.mlit.go.jp/common/001126397.pdf
寺尾会計ブログ 空き家対策法
http://teraokaikei.seesaa.net/article/422286278.html?1459811360


寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com

問題山積みの経営者様へ

相田みつを さんの詩にこんなものがあります。


なやみは

つきねんだなあ

生きているんだもの




真の意味で問題がない、いわば完成した会社は理想です。

しかし、詩に見るように、
悩み・問題が尽きないのは、会社存続のうえで悪いことではないのです。


逆に「悩み・問題が起こらない会社や職場」は危険です。

問題意識そのものがない
・問題に気づいていない
・発生している問題に真剣に取り組んでいない

いずれが原因にしても、会社の発展は見込めません。


今年の寺尾会計では『問題解決は、自分を変える行動がもたらす』をモットーに
品質を落とさない時短』に取り組んでいます。


より皆さまのお役に立てるよう、寺尾会計も進化中です。


寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com