リンク集

2017年11月23日

「任せる・育てる」には『観る・活かす』



経営者・管理者・マネージャーに
必要な要素
とはなんでしょうか。


いろいろな見方がありますが、どんな要素も
TPOに適えば管理職として成功できると思います。

問題は、
その人材が持つ要素を活かせない手法で
管理職に据えようとしてしまう場合
です。

それは大きなロス心理的な溝を生じさせる原因となります。


後継者を育成する際、
自分の経験から学んだ手法・考え方を
後継者に押し付けてしまい
事業承継がうまくいかないケースもあります。


まずは、
自分とその人材がどの要素を持っているのか」を観察し
自己と相手との違いを認識した上で、
「それらの要素はどのように活きていくのか」を
イメージづけることで
不要な争いを避けやすくなるように思います。



例えば下記の3要素は、
管理者を色付ける軸ではないかと思いますが、
貴方やその周りの方はどのような要素を持っていますか。

   瞬発力←−→持続力
瞬発力 要否の瞬発的な判断、決断などをする力
持続力 あきらめない力


  俯瞰的な視点←−→拡大鏡の視点
俯瞰的な視点 全体をまとめる、管理する力
拡大鏡の視点 一つの物事の細部を見て対応する力


   自 信←−→尊 敬
自信
  自分の仕事・判断・考えを正しいと信じ、つき進む力
尊敬 人の仕事・判断・考えを尊重し、バランスをとる力



寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com



ブログランキング ←応援クリックお願いします。

posted by テラオ at 06:17 | Comment(0) | リーダー / 経営者 / 管理者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

税を考える週間:「控除額」ってなんだろう?

毎年11月11日から17日のこの1週間は
税を考える週間』です。

これは、
税の仕組みや目的等、国の基本となる税と税務行政について、国民各層がより能動的に、また、一層深く理解してもらうことを目指して、国税庁が行っている広報・広聴週間です。

国税庁のHPにも、特設ページが設けられます。
https://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/week/index.htm
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/campaign/h28/Nov/03.htm



このメルマガでも毎年、税の豆知識を紹介していますが
今年は速算表にある「控除額」について取り上げたいと思います。

そろそろ始まる年末調整で使う所得税の速算表は
以下の通りです。
20171113114851-0001.jpg



速算表を使う際、
税額は 所得金額 × 税率 - 控除額 と計算しますが
この「控除額」とはなんだろうと思われたことは
ありませんか。


源泉所得税を含む所得税や、相続税、贈与税などには
「超過累進税率」方式が採用されています。
これは、所得金額(課税価格)が高いほど、
高い税率を乗じる方式のことです。

例えば、所得が200万円の場合、
195万円には5%、
195万円を超えた5万円分には10%の所得税が課されます。つまり、所得税額は
(195万円×5%)+(5万円×10%)=10万2,500円 です。

しかし速算表では、計算を簡単にするために
200万円×10% -97,500円 =10万2,500円と計算します。

図に表すと以下のように、
最初に赤い四角の金額を求め、
黄色部分を控除する
ことになります。

この黄色部分の金額が「控除額」なのです。

所長あいさつ案.jpg


「200万円の税率は10%」とありますが、
195万円までの金額に適用される税率は5%であるために
このような控除額が必要となるのです。


知らなくても過ぎていく小さなことでも
腑に落ちると面白いものです。

「分からなくてもいいんだけれど・・・」ということでも
ぜひお声がけください。


寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com



ブログランキング ←応援クリックお願いします。

posted by テラオ at 11:57 | Comment(0) | 寺尾会計の税務的な毎日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

自社経営の計画策定 助成



今回は「早期経営改善計画 策定支援」についてお伝えします。

資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図といった
早期の経営改善計画書を
私ども認定支援機関と一緒に策定する場合、
支払費用の2/3を国が負担する制度です。


従来からの経営改善計画は、
返済条件を緩和してもらうなど
金融機関から金融支援を受けることを目的としています。

しかし、早期経営改善計画は、
PDCAにより自己の経営を見直すことを主たる目的とします。
併せて、計画書を金融機関に提出することで
金融機関に事業の将来像を知ってもらうことができます。


資金繰りや採算を数字で客観的に把握するこ とは
健全な経営の第一歩です。
経営者が日々の業務に埋もれてしまわないためにも、
ご一緒に改善計画を作成してみませんか?


参考HP:中小企業庁 資金繰管理や採算管理等の早期の経営改善を支援します
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen.htm

中小企業庁 早期経営改善計画(サンプル)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2017/170510kaizen08.pdf

J-Net21 ビジネスQ&A
http://j-net21.smrj.go.jp/t/177511/well/qa/entry/Q1151.html



寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com


ブログランキング ←応援クリックお願いします。

posted by テラオ at 00:00 | Comment(0) | 社長応援日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする