リンク集

2016年08月24日

法定相続人である兄弟姉妹が相続しても、2割加算?

今回は相続セミナーのアンケ―トでいただいた質問にお答えします。

Q.親&子なし。
兄弟姉妹が相続する時の相続税率は20%増ですか?

A.そうです。通称『2割加算』と呼ばれる制度です。




被相続人の配偶者・子・親でない人が遺産を受け取った場合に
相続税額が1.2倍になる制度です。


兄弟姉妹が相続した場合
祖父母が相続した場合、
が相続した場合(代襲相続を除く)
遺贈された場合(相続人を除く)

こういった場合に2割加算が適用されます。




親&子なしで、法定相続人である兄弟姉妹にも
2割加算が適用されるところに注意
です。








Q.なぜ2割加算の制度があるの?

A.理由は2つです。


@血族関係の薄い者・全くない者→その財産の取得の偶然性が強いため

A子を飛び越えて孫→相続税の課税を1回免れることになるため





この理由は、税務大学校のテキストから抜き出したものです。
https://www.nta.go.jp/ntc/kouhon/souzoku/pdf/03.pdf#page=28(p28)




@は、年頃になれば結婚して、子だくさんだった時代、
だいたいにおいて長男がすべて相続していた時代であった
税法施行時には正当な理由だったかもしれません。


現代では、独身の方、増えていますね。
併せて、お子さんのいない方も増えてきていますね。
将来的には、この理由による2割加算は
なくなってもおかしくないかもしれません。


まぁ、少子化対策と財源確保という政策も考えれば、
なくなることはなさそうですが。





Aは具体的に計算をしてみると、納得いきます。


たとえば、父財産1億円、子1人、孫1人の場合
(子は配偶者なし、固有財産なしとする)

スライド1.JPG



ちょっと極端な例ですが、
1世代飛ばすと相続税額も1世代分飛ばされるのがわかります。



でも、実はこの例のように相続税率が20%を超える場合には
2割加算があったとしても、飛ばした方が相続税額が下がるんですけどね。
 
通常の相続では2,074万円だった相続税が、
1,464万円に減少しましたね。


こういうのを節税というんですね〜♪相続税対策です。

ちなみに、父の相続税率が20%を切っていても、
子の固有財産が多い場合は、飛ばした方が節税になることもあります。



といっても、相続税対策の前に、争族対策が重要ですから、
税金だけを考えて遺言を書かないように
ご注意ください!




セミナーにご参加くださった上に、質問までくださった方、
ありがとうございました。
お答えになりましたでしょうか?

スライド2.JPG





スライド3.JPG

スライド4.JPG



written by トモヤンクン


寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com




ブログランキング ←応援クリックお願いします。

2016年08月23日

経営者が学び集うところ:盛和塾

8月18日に盛和塾の自主例会に参加してきました。



盛和塾とは、京セラ創始者の稲盛和夫氏を塾長とする経営塾です。






今回は、オブザーバー参加(体験)として、
塾生の経営体験発表を聞きました。



高収益企業をつくる」というテーマでした。





業績回復の推移、組織や仕組み、事業構造といったものよりも、


志の高さ、人を上回る努力、正義、
そういったヒトの基盤に根付く稲盛哲学に触発されました。







私は普段、経営者の話を聞く者として、また、いち経営者として、
経営にかかわっているわけですが、
こういう勉強会に参加して、新たな視点も芽生えたように思います。




今後も「企業価値の向上と安心づくり」を目指して
サポートしてまいります。


寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com



ブログランキング ←応援クリックお願いします。

posted by テラオ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長応援日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

第2回相続セミナーの開催報告★

第2回目のセミナーは8月6日(土)に開催しました。

P1030724.JPG



第1部は、「寄与分・特別受益」について、

実経験からの事例を交えながら解説いただきました。

P1030730.JPG




第2部は、「事例から見る相続問題・相続対策。
円満な相続を目指すため、今できる事」と題して

相続の基礎から、対策、実例に至るまで幅広くお話ししました。

P1030748.JPG




第3部は、昨年より希望の多かった「家族信託」について
民事信託の基本をお話しした後、
P1030763.JPG

家族信託を活用して財産の管理・活用問題を
解決した実例をご紹介しました。

P1030764.JPG




最も暑い季節の、最も暑い時間帯での開催であったため、

体調不良で参加を見合わせた方も少なからずいらっしゃいました。

大変申し訳ありません。

来年の夏季開催は今年の反省も踏まえて検討させていただきます。





第3回目は11月11日に開催予定です。

10月中旬に受付を開始する予定です。ご期待ください。



寺尾会計のメインHPはこちら
www.teraokaikei.com




ブログランキング ←応援クリックお願いします。